ナッシュの冀望ログ

遊戯王の考察を中心にのんびり書きます。

-水晶機巧(クリストロン)-改3

 

前回は展開例を挙げましたが、今回はデッキ構築について書きたいと思います!

ただし、ファンデッキ寄りであることは承知して頂きたいです。

ですが水晶機巧のデッキ構築に悩む全ての人たちの、ほんの少しでも役に立てれば幸いです。

 

↓ 現在の私のデッキ

f:id:you-gioh_nacsh:20161026001559p:plain

まだまだメインもエクストラも何を何枚採用すれば良いか私自身も悩んでいるところです。笑

サイドは検討中で、現在は不採用としているカードです。

 

まず、今のところ採用しているカードについてコメントしていきます。

 

採用理由・採用枚数について

 

・サルファフナー

水晶機巧デッキの要です。

このカードが初動に絡まないと苦しい展開しかできません。

被ってでも初手に欲しいので3枚採用。

サルファフナーを墓地に送るカードがありそれらが被ってしまうと弱い、という意見もわかりますが、やはり"サルファフナーがないよりは良い"と考えるべきではないでしょうか?

 

・リサイクラー

サルファフナーを墓地に送るカードです。

召喚権を使うもののキーカードを即座に確保できる水晶機巧デッキにとって重要なカードです。

サルファフナーと初手で被っても他の非チューナー水晶機巧を墓地に送ることができるため腐りません。

文句なしで3枚採用です。

 

おろかな埋葬

サルファフナーになります。

制限のためもちろん1枚採用です。

リサイクラーと同様に、初手でサルファフナーと被っても他の非チューナー水晶機巧を墓地に送ることができるため腐りません。

 

・マスマティシャン

準制限のため2枚採用です。

シストバーンの墓地効果を経由しますがサルファフナーへアクセスできるので優先して採用する価値があると思います。

被った場合でもサルファフナー以外の水晶機巧モンスターを墓地に送れるため使い勝手も良いと感じます。

 

・リオン

非チューナー水晶機巧の共通効果でデッキからのリクルートに対応しており、素引きしたくない、自身の効果でデッキに戻るため1枚採用です。

素引きした場合や自分ターンでの通常のシンクロ召喚を行うと墓地で眠ってしまうことを考慮すると、もう1枚の採用も検討できるかもしれません。

実際、墓地にある時に限ってリクルートしたい場面が何度もありました。

しかし、シンクロ召喚においてレベルを合わせることが難しいこともあるので、要検討枠の1つです。

 

・シトリィ

頻繁に使うため2枚採用です。

墓地が肥えていれば1枚で(機械族限定とはいえ)シンクロ召喚ができるのでもう1枚の採用も検討できます。

ただ、被ることが望ましくないので要検討枠その2です。

 

・クオン

低レベルチューナーでシンクロ召喚においてレベルの調整が比較的簡単なので2枚採用です。

自身の効果を考えると、序盤は手札が潤っているので大丈夫なのですが、ただでさえ手札消費が激しいため効果によるシンクロ召喚があまり狙えない点から2枚がベストではないかと思います。

 

・ジェットシンクロン

エクストラデッキにアクセルシンクロンが入るため、無理なく採用できます。

また、低レベルチューナーのためシンクロ召喚に重宝します。

現在はアクセルシンクロンが1枚採用のためジェットシンクロンも1枚採用です。

アクセルシンクロンを2枚採用にする場合には2枚目を検討する必要がありますが、素引きはしたくないので1枚採用が個人的にはしっくりきています。

 

・ローズニクス

展開するときに(他の非チューナー水晶機巧モンスターと比べると)あまり使わないので2枚作用です。

また、レベルが4なので上級シンクロモンスターへのレベル調整に使いづらいことも2枚である理由です。

最上級シンクロモンスターの素材となることが多いので1枚では少ないと思います。

なにより、非チューナー水晶機巧モンスターを減らすことはサルファフナーの効果を使うためにも避けたいので2枚です。

要検討枠その3でもあります。

 

・シストバーン

3枚必須です。

墓地効果は水晶機巧モンスターをなんでもサーチできます。

レベルも3とシンクロ召喚にアクセスしやすいです。

 

・スモーガー

エントリーとインパクトをサーチできます。

クリストロン魔法が来たら化けます(強いカードに限る)。

シストバーンと同様にレベルが丁度良いこともあり3枚です。

単純にサーチ効果はローズニクスと違いアドであることもあり3枚採用です。

 

・プラシレータ

レベル1チューナーとのシンクロ召喚が行えないことが少しネックですが、水晶機巧デッキの縁の下の力持ち的存在です。

プラシレータが絡むと展開がより良いものになる印象です。

3枚採用で問題ないと思います。

いざという時のにもなります。笑

 

・エントリー

発動条件が厳しいですがグリオンガンドを出すにはとても便利な効果を持っています。

墓地効果もレベル調整と墓地肥やしを同時に行うためとても強力です。

サルファフナーの効果で墓地に送ることができれば次ターンの展開の幅が広がります。

被って弱いため1枚採用です。

 

インパク

とても便利な効果です。

スモーガー効果でサーチして相手ターンに発動してスモーガーなどをss、そしてシンクロ召喚へ繋げる場面も少なくありません。

墓地効果も優秀です。

たまに自分でも忘れてしまいますがいざという時に活躍します。

 

・死者蘇生

パワーカードその1。

単純に打点の高いモンスターを蘇生するも良し。

レベル調整に蘇生するも良し。

破壊対象として蘇生するも良し。

あって困らないという印象です。

優先度は高いと思いますが必須とまでは言えません。

 

・ハーピィの羽根帚

パワーカードその2。

相手のみ魔法罠全破壊が弱いわけがない。

先攻で引くと萎えるカードでもありますが、あっても困らないですよね。笑

こちらも必須とまでは言えませんが、優先度は高い方であると思います。

 

・ツインツイスター

パワーカードその3。

2枚まで魔法罠を破壊できます。

自分の場も割れる点も高評価です。

そしてなによりコストで1枚切れるので、非チューナー水晶機巧モンスターの墓地効果を積極的に狙っていけます。

手持ちの関係上1枚採用。

2枚あっても良いかもしれないが、3枚目はいらないかなと予想しています。

 

・スターライトジャンクション

これを貼ってから相手ターンにシンクロすると、それだけで除去になります。

対象は取るもののデッキバウンスである点が丸です。

ただ、バウンス効果は強制なのでそこは注意しましょう。

被ると弱いので3枚は採用しません。

一応、非チューナー水晶機巧モンスターの破壊対象となります。

2枚目も検討できます。

必須ではないため抜くことも考えられます。

要検討枠その4です。

 

・異次元海溝

私の好きなカードです。

被ると弱いので2枚採用です。

破壊対象と蘇生の2役になることができます。

ぶっちゃけ抜いて構わないと思います。

 

・重力崩壊

決まれば強いですよね?

強い盤面が作れなかった時の保険です。

手持ちの関係で1枚採用。

できれば2枚採用してみたいです。

相性自体は悪くないと思います。

 

・ゴウフウ

このカードと非チューナー水晶機巧モンスターの2枚で簡単にグリオンガンドまでアクセスできます。

後攻で強いカードだと思うので2枚採用です。

先攻で引いても弱くはないですが、複数引きたくないので2枚です。

 

・増殖するG

後攻の時に活躍します。

サルファフナーをいち早く手札に引き込みましょう。

水晶機巧チューナーやジェットシンクロンを引かないように注意しましょう!(注意しようがないですが…)

引きたくないカードを引いてもしまうということがあるので抜いてしまっても良いかもしれません。

 

・グリオンガンド

このデッキの切り札その1です。

割と頻繁に出すことができるので2枚採用です。

3枚までモンスターを場と墓地から除外できる効果や、被破壊時に除外されたモンスターを自分の場にssできる効果もあり、とても優秀です。

このカードが来て水晶機巧デッキが変わったといっても過言ではないでしょう(1番はサルファフナーですが)

1枚採用でも問題ないと思います。

ただ、このカードも欲しい時にないことがあったので現在は2枚採用です。

 

・フェニキシオン

切り札その2。

墓地含め場の魔法罠を全て除外します。

相手のデッキによっては致命傷を与えることができます。

そんなに出す機会はないけれど、なくてはならない場面もあるという印象のため1枚採用。

なにより水晶機巧ですからね。笑

 

・トリシューラ

切り札その3

アクセルシンクロで出すトリシューラはとても強力です。

先攻では手札しか除外できません(それだけでも十分強いとは思います)がモンスターを召喚した時に、展開がひと段落着きそうな時にアクセルシンクロするとかなりのダメージを与えることができます。

対象を取らない除外のため弱いわけがないんですよね。

水晶機巧デッキでは出すことはできるけど、非チューナーを2体用意する必要があるため狙わないと出せません。

とはいえ、トリシューラへのアクセスルートはたくさんあるので意外とすぐに出せます(どっちやねん)。

2枚目が欲しいと感じたことはないので1枚採用です。

 

・クリスタル

切り札その4。

モンスター効果を1ターンに1度無効破壊は現在の遊戯王にとって厄介なものですよね。

相手を出されると嫌なカードでもあります。

出せますがあまり出ないので1枚採用です。

 

・月華竜

この水晶機巧デッキにおいて展開できないということは少ないのですが、それでも1番強い展開が"相手ターンに☆7シンクロモンスターを出す"という場面もあります。

相手モンスターを1体バウンスします。

無効にはできませんが、nsされた起動効果持ちや、エクストラから出たモンスターに当てれば同じくらいのダメージは与えられるのではないでしょうか?

他にもクリスタルになるための経由としても出します。

多くても困るので1枚採用です。

 

・ブラックローズドラゴン

切り札その5。

ぶっぱします。

展開後に全破壊すると気持ち良いです。

破壊耐性のあるモンスターも増えてきているので、そこは月華竜との兼ね合いでカバーします。

マジェスペクター?しらない。

1枚採用で問題ないと思います。

 

・甲化鎧骨格

このカードに助けられる場面はたくさんあります。

しかし、このカードに頼らなければならない状況ってほぼ積んでいるとも言えますよね。

背水の陣で抜いてしまうのも良いかもしれません。

ただ、☆6機械族シンクロモンスターで相手ターンに出して美味しいのってこのカードくらいなんですよね。

新規水晶機巧☆6シンクロモンスターはよ。

 

・アメトリクス

守りのアメトリクスです。

いざという時に役に立ちます。

攻撃力バカを一方的に倒すことができます。

正直なところあまり使わないので1枚採用です。

ただ、ないと困ることもあるので抜けません。

 

・アクセルシンクロン

このデッキの潤滑油です。

たくさん出るので2枚目も検討できるほどです。

ジェットシンクロンを落としてレベル調整できることがgood!!

ジェットシンクロンを自身の効果で蘇生させれば、チューナーが2体揃いグリオンガンドへのアクセスの準備が整います。

 

・ムサシ

重宝する墓地の機械族回収効果を持っています。

2枚目の投入も考えて良いと思います(ただし枠が足りない)。

クリスタルやノヴァの素材になります。

使い勝手が良くこのデッキの主要パーツであることは間違いです。

 

・クオンダム

水晶機巧チューナーのためエントリーに対応しています。

クオンから出すことが多いですが思うほどあまり出ません。

なので1枚採用です。

ただ、欲しい場面もあるので2枚目の投入も視野に入れています。

 

・フォーミュラ

クオンまたはジェットシンクロンとローズニクスの墓地効果で生成されたトークンとで出せます。

とても限定的ではありますが、意外と出ますし1ドロー効果も美味しいです。

1枚採用で間違いないと思います。

 

・ノヴァインフィニティ

切り札その6です。

何でも無効にします。

エクストラの枠を2つ使ってしまうことがとてもネックです。

また、水晶機巧の共通の機械族シンクロ縛り中では出せません。

しかし何と言っても無効効果は強いです。

魔法罠に対応できる点が魅力であると思います。

枠の関係から採用を十分に検討する必要があります。

 

次に不採用としたカードについてです。

 

 

不採用カードと理由

・スターダストウォリアー

とても悩むカードです。

グリオンガンド1枚抜いてこちら投入でも良いと思います。

レベルの幅が広がることもメリットですし、相手のssを無効にできる点も良いです。

ただ、このカードが場にあって出してくる大型モンスターは間違いなくおとりですよね。

効果を使った後に場からいなくなることもネックです。

要検討カードです。

 

ウンディーネコントローラー

私は不採用で良いと思います。

サルファフナーを墓地を送れるからといってコントローラーをデッキに入れることが気に入りません。

素引きしたら絶望しかありませんよね。

レアリティが高く値段が張るのも気に入らない理由の1つです。笑

 

・精神操作

相手モンスターを破壊対象にして除去できるコンボはなかなか強力ですが、後攻でしか機能しない点がネックです。

1枚の採用であれば検討できるかもしれません。

2戦目以降で後攻の場合は2.3枚投入しても良いと思います。

 

チキンレーステラフォーミング

1ドローと破壊対象を用意できてとても優秀です。

スターライトジャンクションと共有できるテラフォーミングも良いですね。

ただ、高いので不採用です。笑

あれば入れた方が良いと思います。

 

・ファラオの化身

2代目スティーラーさんです。

クオンと手札のこのカードだけで☆7シンクロモンスターにアクセスできることはとても強力だと思います。

グリオンガンドやトリシューラでも非チューナー枠にもなります。

1.2枚の採用は十分に検討できますが、被ってまで欲しいわけではないので3枚採用はしないと思います。

 

・フォートレス

マスマティシャンなど機械族以外のカードの投入により不採用です。

1枚(コスト合わせ2枚)での突破力は強力ですが、シンクロ召喚にほぼ使用できない点がネックです。

 

・貪欲な壺

すぐに墓地が肥えるので採用圏内です。

非チューナー水晶機巧モンスターは墓地効果があるのでデッキに戻すことはあまりしませんが、シンクロモンスターなどを再利用できるので検討する価値があります。

 

 

まとめ

皆さんお気づきだと思います。

全然構築定まってないじゃん!

と。

その通りです。笑

しかし、デッキ構築でこれほど悩めるというのも楽しいですよね。

それにデッキ構築には個性が出てくるのでそれを見て感じるのも楽しいです。

よければ皆さんのデッキ構築も見せて下さい!

 

このカードについてどう思う?

などの質問や、

このカードは入れるべき!

というご指摘まで喜んでお待ちしております。

 

長くなりました。

今回はここまで!

 

なっしゅ。